引越しの挨拶に行こう

引越しの挨拶、昔に比べて最近では減ったような気がしますね。単身者の多い賃貸物件では尚のこと、引越しの挨拶をきちんとする人は少ないようです。でも、これから何かとお世話になるご近所さんには、引越しの挨拶ぐらいきちんとしておきたいものです。


引越し先での挨拶は、引越し当日に行うのがベスト。500〜1000円程度の実用品(タオルや日用品)やお菓子などを持参します。いわば名刺代わりですね。できれば家族みんなで引越しの挨拶に伺うようにしましょう。顔を知っておいてもらうのはとても大切なことです。


もちろん、引越し前のご近所さんにも挨拶はしておきたいところですね。引越し先同様、500〜1000円程度の実用品やお菓子を持参して、「お世話になりました」の一言を伝えましょう。引越しで忙しいところではありますが、礼儀としてきちんとしておきたいものです。


なんとなく面倒だったり、皆やってないから…的な感じで省いてしまいがちな引越しの挨拶。でも、逆の立場だったらどうでしょう?近所に誰かが引越ししてきたけど誰なのかさっぱりわからない…。それって、ちょっと気持ち悪くないですか?


引越しの挨拶をしておけば、新しい土地での生活も気持ちよくスタートがきれます。引越しをするときにはちゃんと、引越しの挨拶にも行きましょうね♪何よりも、今後の自分のために、ね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。