引越しの挨拶に行こう

引越しの挨拶、昔に比べて最近では減ったような気がしますね。単身者の多い賃貸物件では尚のこと、引越しの挨拶をきちんとする人は少ないようです。でも、これから何かとお世話になるご近所さんには、引越しの挨拶ぐらいきちんとしておきたいものです。


引越し先での挨拶は、引越し当日に行うのがベスト。500〜1000円程度の実用品(タオルや日用品)やお菓子などを持参します。いわば名刺代わりですね。できれば家族みんなで引越しの挨拶に伺うようにしましょう。顔を知っておいてもらうのはとても大切なことです。


もちろん、引越し前のご近所さんにも挨拶はしておきたいところですね。引越し先同様、500〜1000円程度の実用品やお菓子を持参して、「お世話になりました」の一言を伝えましょう。引越しで忙しいところではありますが、礼儀としてきちんとしておきたいものです。


なんとなく面倒だったり、皆やってないから…的な感じで省いてしまいがちな引越しの挨拶。でも、逆の立場だったらどうでしょう?近所に誰かが引越ししてきたけど誰なのかさっぱりわからない…。それって、ちょっと気持ち悪くないですか?


引越しの挨拶をしておけば、新しい土地での生活も気持ちよくスタートがきれます。引越しをするときにはちゃんと、引越しの挨拶にも行きましょうね♪何よりも、今後の自分のために、ね。

引越し祝いのマナー、知っとこ♪

引越し祝いを渡す機会ってそう多くはないせいか、引越し祝いに関するマナーってあまり知らない人のほうが多い気がします。いざ自分が引越し祝いを渡すとなった時に恥ずかしくないよう、最低限の引越し祝いのマナーは知っておきたいものです。


一言で引越し祝いと言っても、引越し祝いには色々な種類があります。例えば新築への引越しであれば「新築祝」、転勤での引越しなら「栄転・昇進祝」、賃貸から中古物件を購入しての引越しは「引越し祝」、その他の引越しは「餞別」となるのです。


引越し祝いで渡すものとしては、やはり一番多いのは現金や商品券ですね。引越しとなるとかなり出費が重なるので、現金などの引越し祝いは喜ばれます。引越し祝いの相場としては、5000〜10000円程度と言われています。


また、引越し祝いで贈り物をする場合は、時計・玄関マット・花瓶などが多いようです。逆にタブーな引越し祝い品としては、ストーブ・ライター・灰皿など火事を連想させるものです。親しい間柄なら、その年のワインを贈るなんていうのもいいかもしれませんね。


引越し祝いのマナー、知っておいて損はありません。その機会が来たとき、オトナとして恥ずかしくないよう、しっかりと引越し祝いのマナー、覚えておきましょうね。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。